韓国の気候に合わせた乾燥肌対策コスメティックス

乾燥は肌トラブルのすべてにおいて敵であり、スキンケアの基本は
保湿だといいます。

人の肌のタイプは乾燥肌、脂性肌、敏感肌等様々な種類があります。

保湿

脂性肌の人は肌トラブルを防ぐため、油分や水分を与えないコスメ
ティックスで管理をしてしまい、かえって乾燥によるトラブルを
引き起こしてしまうのはよくある話です。

1年を通して春、秋と冬の湿度が低く、乾燥した気候が多い韓国では
乾燥対策のコスメティックスが豊富です。

肌トラブル

基礎スキンケア商品においても、かたつむりや蜂蜜等、保湿成分を
多く含んだ商品が人気を博し、メイクアップコスメティックス製品に
おいてもBBクリームやCCクリーム、クッションファンデーション等
水分を多く含んだ商品が目立ちます。

韓国では冬にはオンドルと呼ばれる床下暖房を使用する場合も多く、
室内も乾燥しやすいため、入浴後のケアの際にはシートマスクパックや
高保湿成分のケアコスメティックスを使用し、乾燥肌ケアを多く行っています。

乾燥肌はナチュラル成分のコスメティックスでケアをする

お肌には水分が必須ですが、水分というのは年齢と
共に減少していきます。

水分が減少する事によって乾燥肌になってしまいますが、
その際にはコスメティックスでしっかりと保湿を
しなければいけません。

保湿が不十分ですとお肌の乾燥が進み肌トラブルが
起こり易くなりますので、保湿メインのスキンケアを
する事が大切です。

その際にはナチュラル成分のコスメティックスで
ケアする事が大切と言えます。

ナチュラル成分のもの

乾燥肌の場合、お肌のバリア機能が低下していますので、
化学物質が豊富に配合されているコスメティックスですと
お肌にとって刺激になってしまう事があります。

刺激というのはお肌に大敵ですので、刺激を与えないように
スキンケアする必要があります。

ナチュラル成分のコスメティックスなら低刺激と
なっていますのでマイルドなスキンケアを行う事ができます。

相性を確認

ただ、ナチュラル成分のコスメティックスでも、
商品によってはお肌に合わない場合があります。

その為、まずはテスターやサンプル品を活用し、
お肌との相性を確認する事が大切です。