今の化粧下地コスメティックスにはステロイドは入っていません

医療用

ステロイドとは皮膚炎などの症状のある患者さんに出す医療成分です。

アトピーの治療などにもよく使われます。
非常に効果が高いのですが副作用もあることからかなり問題と
なっている医療成分なのです。

実はステロイドはかつては化粧下地などのコスメティックスにも
使われていたことがあるのです。

なぜコスメティックスに使っていたのかと言うとこれを
入れると化粧のりがよくなるからなのです。

しかしコスメティックスを使う方の大半は健康でトラブルのない
お肌の方、そのお肌にステロイドを使いますと皮膚炎を起こして
しまうこともあるのです。

皮膚炎

中には化粧下地が原因で顔が真っ赤になることもあったのです。

今ではそのようなトラブルがあることからもうコスメティックスには
使われていません。

そして基本的には皮膚炎が起こっても使うのを中止すれば症状が
改善するのです。

かつて皮膚炎になってしまった方も殆どは症状が収束しています。
医療用の成分というのは実は危険も多いのです。