トーンアップのためのコスメティックスとしてのコンシーラーの使い方

美白は多くの女性の願いです。

多種類の美白コスメティックスを使い、ベースメークでも色白に
見えるお肌作りに苦心している女性が多いでしょう。

ですが間違ったベースメークコスメティックスの使い方を
していることはないでしょうか。

美白

顔全体を均一にトーンアップしてしまうとのっぺりとして
顔が大きく見えてしまう欠点があります。

また元の肌の色とかけ離れた色や厚塗りをすると白浮きして
不自然な仕上がりになってしまいます。

自然なトーンアップのポイントはメリハリをつけたカラーコントロール
コスメティックスの使い方をすることです。

目元のクマをコンシーラーで隠すだけでも顔全体が一回り明るくなります。

さらに元々の顔の凹凸を活かし、顔の高い部分であるTゾーンには
ハイライトをいれます。

ハイライト

またフェイスラインであるUゾーンにはコンシーラーを多く使わないように
することで自然な立体感が保てます。

顔全体のトーンアップとしてコンシーラーなどのカラーコントロール
コスメティックスを使いたい時にも必ず薄付きにするということを守りましょう。

これらのポイントを抑えてワンランクアップしたお肌作りを楽しみましょう。