コスメティックス製品としてのパックの貼り方

パック

スペシャルなスキンケアのコスメティックス製品のひとつとして、
パックがあります。

クリームタイプやクレイタイプなどコスメティックス製品として
様々な形がありますが、最近ドラッグストアなどで手軽に比較的安価に
入手できるものにシート状のパックがあります。

このシートパック、ただなんとなく顔に貼り付けているだけという方も
多いのではないでしょうか。それではもったいない!

効果は最大限に活かしたいものです。

染み込ませる

コスメティックス製品として、この化粧水や美容液成分をたっぷり
含ませたシートを顔に貼るときには、ぐぐっと顔の下から上に向かって
ひっぱりあげるようにして貼るのが効果的です。

下に向かって伸びている毛穴を上に引き上げ、その中に美容成分を
押し込むようなイメージです。

このまま10分程度放置しますが、顔の筋肉は記憶させることが
大事だそうなので、上に上がるイメージをここで覚えてもらいましょう。

コスメティックス製品効果を最大限に活かすために、貼り方にも
気を配ることが大事です。

コスメティックスの基本はスキンケア商品の使用期限を知ることから

コスメティックス商品が数多く発売されている現代。
肌に直接つけるスキンケア商品は一番身近な存在です。

コスメティックスの基本、商品の期限を知ってもっとスキンケア商品を
活用されることをお勧めします。

食料品と同じようにコスメティックス商品にも使用期限があります。

使用期限

一般的に言われているのは、空気に触れない未開封状態で3年程度。

開封して使い始めた商品については、半年を目安に使い終わることが
理想です。

ポンプ式の商品より直接中身を手に取って使うタイプの方が
空気に触れる機会が多いことや、手などの雑菌が容器の中に入りやすい
ことから使用期限は短くなります。

肌荒れ

お気に入りのコスメティックスが実は雑菌入りで、それが原因で
肌荒れになっていたということにもなるので注意が必要です。

夏用の乳液が夏に使い終わらずに来年の夏用として使いたいと
思うのはよくあることです。

その場合は、使い始める前に二の腕など目立たない場所に塗ってみて
かぶれ・かゆみがおきないか確認することが大事です。

使用期限を確認しつつ、スキンケアを楽しむことがコスメティックスの極意です。